Subscribe RSS
カルティエの結婚指輪を選ぶ 4月 01

結婚指輪は人生において、とても意味のある大切な指輪です。
ですから、しっかりとした品質のものを選びたいと思う人も少なくありません。
そんな人たちに選ばれているのがカルティエのリングです。
カルティエと言えば、世界中に名の知れた有名なジュエリーブランド。
プラチナやゴールドの品質は、どのブランドにも負けない品質を誇っています。
結婚指輪のラインアップも豊富なので、素敵な指輪が選べそうです。
また、カルティエはダイヤのクオリティーにもこだわっているので、婚約指輪にもおすすめ。
結婚指輪のリングとコーディネートして選べば、重ね付けも楽しめます。
せっかくの婚約指輪、結婚指輪ですから、そんな付け方も念頭に入れて選んでみましょう。
しかし、有名ジュエリーブランドであるカルティエの結婚指輪は、デザイン数も多く、価格も色々です。
どのリングにするか迷う人が多いのではないでしょうか。
他の人が、どんなリングを選んでいるのか気になるところでしょう。
そんな時は、カルティエ結婚指輪ランキングのウェブサイトを参考にしてみましょう。
ランキングサイトを利用すれば、どんなリングがよく選ばれているのか一目瞭然。
選ばれている人気の価格帯も分かりますので、予算を立てる時にも参考になるでしょう。

Category: マリッジ  | Leave a Comment
法人カードの審査基準は3年以上の経営歴と黒字経営が基本 3月 22

法人カードの審査基準は各カード会社が明確には明らかにしてません。個人のクレジットカードの場合通常のクレジットカードであれば審査も無いに等しく条件さえ満たされれば発行されます。法人カードの場合は企業全体の労働者が使用するためどこの会社に申し込んでも、審査が厳しいのが状況です。(参考情報⇒【法人カード比較2013】法人クレジットカードのお得な情報が満載!※設立1年目で大丈夫なカードもあるようです。)
法人カードの発行基準としては今までの法人カードを発行した企業統計からするとだいたい3年以上の経営歴、さらに今現在企業が黒字経営をしているのが大前提としてあるようです。

ですので会社を設立後、間もない場合は審査が通りにくい場合があります。

カード会社での考え方だと思いますが経営を始めて3年くらいは経たないと安定した経営や企業としての信用も設立後、間もなければ得られないといったことでしょう。

更に3年の経営歴があっても常に黒字の経営をしていなければいくら経営歴があっても審査に通らないといったケースもあるようです。

信用、信頼が重要
法人カードの審査基準は個人のクレジットカードを申し込むよりかなり厳しいものになっています。これはどのクレジット会社で申し込んでも同じで審査が厳しく、その理由にまず会社の倒産が考えられるためと、法人カードの場合は親カードに加えそれに付随する子カードを発行することができ個人カードと違い大勢の会社員にカードを持たせることが可能となり、利用限度額も高額になるため、審査を厳しくする必要があると考えるカード会社がほとんどのようです。

前述したように法人カードの審査基準として3年以上の経営歴と現在の経営状態の黒字が原則としてありますが、例外もあるようで経営者の経歴や企業実績の確実な未来ビジョンが提示出来る場合は審査基準外でも法人カードを発行してもらえることがあります。これは企業というより個人の信用、その個人を通しての企業の信用、信頼ということになります。

クレジット会社によっては審査の基準が多少変化するので審査基準が緩いカード会社を選べば経営が上向きの会社では原則の審査基準をクリアする場合もあります。